プロミスカードの紛失には充分に気をつけよう

利用しているときにはプロミスカードは非常に重要なものになります。
ATMから借り入れをするときにも返済をするときにもプロミスカードが無くてはなりませんし、会員サービスにログインをするときにもプロミスカードに記載されているカード番号を使用することになります。、
あちらこちらで重要になるだけに紛失にだけは気をつけなくてはなりません。
カードが無くては利用ができない、それだけではありません。
プロミスカードは単なるカードではなくその中にはお金が入っています。
しかも自分のお金ではなくプロミスのお金、契約によって決められたプロミス融資限度額がプロミスカードには入っています。
紛失であればプロミスコールに連絡をして一時利用停止にしてもらうとよいでしょう。
しかし、紛失と思っていたものが盗難だったなどとのこともあるかもしれません。
悪質な人などいない善人な世の中だと思ってはいないでしょう。
カードを盗み、その暗証番号を知るための手段がないとは限りません。
となるとプロミスカードはカードと暗証番号があればATMから借り入れをすることができますので利用限度額を確認され、その中の利用可能額をとられてしまう可能性はあります。
当然悪意のある第三者が勝手に使ったキャッシングです、自分には火がないと思うかもしれませんが、そんなことはありません。
プロミスカードの管理責任とそしてすぐにプロミスに届けなかったという過失を問われることになりかねません。

カードローン借入限度額の法的な制限とは?

カードローンの借入限度額は、審査により決定されます。
審査上では、申込者の様々な要素について判断が行われます。
その中でも特に重要なのが、申込者の収入です。
カードローンの借入限度額を決定する場合、この収入が大きな意味を持ちます。
改正貸金業法の「総量規制」の定義で、カードローンをはじめとする金銭契約では、申込者の年収の「3分の1」を越える貸出が禁止されているためです。
申込金額が、この「年収の3分の1」を越えている場合には、まず審査に合格することはできません。
「総量規制」では、申込金額だけではなく、他社を含めたすべての借入金額が対象となります。
カードローンの場合では、借入金額は「借入残高」ではなく「借入限度額」で判断されることに注意が必要です。
例えば、年収600万円のAさんが、既に以下のカードローンを利用している場合について考えてみます。
・B社:借入残高50万円(借入限度額100万円)
・C社:借入残高20万円(借入限度額50万円)
Aさんの年収の3分の1の金額は、200万円ですので、総量規制の制度下でAさんが新たに借入できる金額は
200万円ー(100万円+50万円)=50万円 となります。
200万円ー(50万円+20万円)=130万円 ではありません。
あくまで借入限度額で判断しますので注意が必要です。
年収の3分の1を越える貸出を禁止している「総量規制」ですが、すべての貸出が該当するわけではありません。
まず、総量規制の対象となるのは、「貸金業者」からの貸出です。
「貸金業者」とは金銭貸出を本業としている業者で、消費者金融などをはじめとする金融業者のことです。
これに対して、銀行などは「貸金業者」には当たりません。
つまり、銀行のカードローンは「総量規制」の対象外ということになります。
多くの銀行では、「総量規制対象外」であることを大々的に宣伝しており、多くの顧客を獲得しています。
比較的低金利であることも合わせて、銀行カードローンが人気のある大きな理由となっています。
また、総量規制には、「除外」と「例外」の貸付が認められています。
「除外」の貸付とは、そもそも総量規制の対象とならない貸付のことです。
不動産購入などの貸付は、残高があっても総量規制の残高には含まれません。
「除外」の貸付には以下のものがあります。
・不動産購入または不動産に改良のための貸付(そのためのつなぎ融資を含む)
・自動車購入時の自動車担保貸付
・高額療養費の貸付
・有価証券担保貸付
・不動産担保貸付
・売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付
・手形(融通手形を除く)の割引
・金融商品取引業者が行う500万円超の貸付
・貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介
「例外」の貸付とは、残高としては参入するが、例外的に年収の3分の1を越えていても利用者の返済能力を判断したうえで、例外的に貸付を認めるというものです。
「例外」の貸付には以下のものがあります。
・顧客に一方的有利となる借換え
・緊急の医療費の貸付
・社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付
・配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付
・個人事業者に対する貸付
・預金取扱金融機関からの貸付を受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付